映画

宇宙規模の兄弟喧嘩映画マイティ・ソー感想

MCU21作品チャレンジ4作目。マイティソーを見たので思いつくまま感想書きます。

アベンジャーズエンドゲーム鑑賞のための21作品時系列順に予習大作戦昨日こんなツイートを目にした アベンジャーズ エンドゲーム、21作品予習しないと100%楽しめないという悪魔のようなハードルの映画...

マイティソーは「うん、、、えーとなんかよくわからんけど赤マントでハンマー持ってる人でしょ?」という認識で観た。
▼▼予告▼▼

厨二には刺さる世界観

北欧神話のね、、、ユグドラシルとかオーディンとかその他諸々厨二心には非常に突き刺さる世界があって最初は興奮してました。’最初は’

アスガルドの方々

ソー

とにかくひげがすごくて青い瞳が印象的なブラッドピッド似の主人公。わたしはごく最近までこの人をブラッドピッドと認識していた。
本当にすまない。

自分の力を過信しすぎるところがあり好戦的でお父さん(オーディン)をちょっと困らせているやんちゃboy。
お父さんの言いつけを守らず地球に追放されてからの公正が早いのなんのって。びっくりしちゃった。

ソーの中でハンマー:ムジョルニアを使えないことと、ロキの嘘ですけどオトンが死んだってことを聞かされて相当ショックだったんかな。
途端にいい人になった。という印象を受けた。

ソーがジェーン(ナタリーポートマン)にしてた世界の話はとてもわかりやすかった。

ロキ

ロキについては後で詳しくかく。端的にいうと可愛いがすぎるクズ。

ソーの友達

男三人女一人の、、、強いのか強くないのかなんかよくわからん神たち。あれ?この人みたことある?と思ったら浅野忠信だった。

あの女の人絶対ソーのこと好きだったよ、、、(すぐ恋愛に持っていくババア)

ミッドガル(地球)の方々

とにかくナタリーポートマンが扮するジェーンが可愛いのなんの。「ハァ!?!?可愛い!!!!!?????」の連続で目が幸せ。
これからのアベンジャーズの物語的にはお父さんがわりのおじさん研究者さん(名前忘れた)が重要な役目になるんだけどもとにかくナタリーが可愛い。

しかしアクション映画には吊り橋効果が付き物だけど恋に落ちるスピードが早い。
自分に置き換えてみたらまぁあんだけかっこよくて強くて、しかも自分の研究してた事の全てを知ってる異世界の人なら秒で好きになるなと思ったので納得。

世界観のわりにこじんまりとしたバトルシーン

コレがわたしがマイティソー観たときの最初の感情なんですが、もうなんかバトルシーンのエフェクトがしょぼくて混乱した。逆に。
え?しょぼくなかった?わたしだけかな。
MCUの初期作品だからかなぁとも思ったけどハルクの方がバトルシーンなんぼかマシ。。。でした。わたし的に!!!!

3柱の神+女の人とか出てきたけど、、、特に活躍の場はなく撤退していったしなんだったのだアレは、、、あの人たち物語に必要だった?
あのビームだけすごい全身金属のデストロイヤーだけ地球に送ればよくない?

というわたしの中でのモヤモヤがすごい地球でのバトルシーン。
かといってアスガルドでのバトルシーンがすごいのかというとなんかそうでもない。(めっちゃごめん)
虹の橋とか、、、なんかもうちょっとならんかったんか、、、、。

捨てられた子犬のようなロキ

ロキが可愛くてしんどい

ずっと眉毛が垂れ下がってるの、、、なんだ。なんなんだよ君は、、、好き!!!!!

本来はオーディンの実子ではないしお兄ちゃんと比べちゃってコンプレックスはひどいしやはり異世界でも王位継承となると揉めるのかなあ
魔法の天才(らしい)し非道になりきれないところとか「自分は強いんだ!!!」と自分に言い聞かせてるようなところとか非常に好きです。

クズはクズなんだけどクズになりきれてないところが観ててもうしんどい。良い意味で。
ロキは嘘といたずらの神だし狡猾なんだけど狡猾、、、とは、、、となるトムヒロキ。

ソーとのラストバトルで杖を振り下ろすときの声が「やーーー!」なの可愛くない?なんなのまじで。怒るよ?

ソーはじめて観たけどロキが人気なのちょっと分かった。
マイティソーの次回作が大変気になります。

MCU作品の流れで観るのはアリかも、、、

単品としては、、、うん。まぁ、、、って感じですけどロキがいるから観るべきだとは思う。

おしまい!

ABOUT ME
ユイ
ユイ
ナルシストインドアプログラマ 全日本ショートカット女子協会会長