ライフ

ほぼワンオペ育児フルタイム仕事戦士のタイムスケジュール

何につけても時間がない。時間ない時間ないいうても時間は自分で作るもんじゃろ???何言うてんねん。
と思っていた時期がわたしにもありました。

まじで時間ないのでどんだけ時間ないのか可視化したのをツイートしてみたらちょっと反応あってその中には「こんなに激務だとは知らなかった。」という方もちらほらいてまぁこればっかりは実際に経験しないとわからないよなあ、想像しにくいし、うんうん。
と思ったので後世のために記事化しておきます。

共働きフルタイムワンオペの時間の厳しさがまじまじと現れてしまってもう、、、うん、、、、という感じだけども見てください。
ちなみに子供は3歳と5歳児です。よろしくどうぞ。

平日のタイムスケジュール


あれ、、、?自分の時間はどこ、、、?????

仕事が終わってから寝かしつけに入るまで「腰を落ち着けたら終わり」と思ってるからずっと立ってる。
さすがにごはん食べたり洗濯ものを畳んだりするときは座るけどそれでもご飯食べて「は~どっこいしょ」ってソファーに座ると立ち上がるのに多大な労力がかかるのでわりかしすぐにお風呂入ります。

でもトイトレ中は家の中でいつ「おしっこでた~~~~」が聞こえてくるか分からないのでいつでも臨戦態勢。
この間はごはん中に言われて「もうご飯はあと!風呂だ風呂!!!!!」となりました。

濡れた服着替えてそれをまた洗濯しなければならないこと考えると風呂入った方がいいんだよなあ。。。お風呂の後に言われたらもうあきらめる。

有給という名の予備日

わたしも自分の時間で丸一日潰れるような休日が欲しい。でも取得できない。
何故ならばお子様たちがいつ熱が出て呼び出されるかわかったもんじゃないから。インフルエンザになったらもう有給終了のお知らせ。

あれ??わたし結婚してるよな?相手の有給は??????一度も子供の看護でおやすみしたこともないし急なお迎えに行ったこともないのでつまりそういうことだ。

子の看護休暇とかいう制度

一応6歳までの子供には病気時、「子の看護休暇」という制度があり申し出をすると取得できる。
でもさあ、そういう制度とったところで会社によって「無給」なの意味なくない?ただの休みにはならないから査定とかには響きませんよ〜〜〜ってことか?あん?

小さい子供も人にはよるけど保育園や幼稚園に行っていたらしょっちゅう熱が出るしそれでお母さんお父さんの有給がなくなって本人たちの休息が取れないのまじで「えぇ、、、、」って感じなのです。しょうがないかで済ませるかどうか。

あいにく会社と喧嘩する体力がない。(転職ェ、、、)

※有給か無給かは職場によって異なるので注意。

休日のタイムスケジュール


子育ては体力勝負だということが如実に表れている。休日ももちろんワンオペだ!

お買い物について

わたしはほとんどネットスーパーを利用して購入しています。いきつけのスーパーはネット展開していないのでほとんどイオンネットスーパーか日用品はAmazon。

ネットスーパーのいいところは計画的に買い物ができることだと思います。

実際に行くと「ああ、これも無かった気がする。これもこれも」って当初の計画より2,3割増買ってしまう。え?わたしだけ?
あとスーパーに行くのは結構苦行。買い物がしんどいんじゃなくて小さい子を2人連れての一人での買い物が超絶しんどいのです。

たぶん誰しも目にしたことがあると思うんすけど、スーパーで泣き叫ぶ子供…それを叱る親…見たことあるよね?ないならその行ってるスーパーカタギじゃないよ。

お行儀のいいよくできたお子様なんて幻想だ、、、。HPも使うしMPもゴリゴリ削られる。
ということでネットスーパーです。

家事自動化大作戦

たびたび目にする「家事は自動化すると時間が作れるよ」について。

金があればな!!!

以上です。

日曜日のルーティン

日曜日にやることは決まっていて毎週日曜日には必ずやるので何か予定が入っていてできないと結構モヤる。
そして午前中の体力ある時間じゃないとキツイです。

  1. シーツの洗濯
  2. 掃除機かける
  3. トイレの掃除
  4. 玄関の掃除

余力があれば窓拭いたりなど

まとめ

こんな過密スケジュールでどこで自分の時間を捻出しているのか、、、そう会社の昼休みや子供の早期寝かしつけ、もしくは睡眠時間を削るしかない。
ショートスリーパーになりたい。

世の中のワンオペ育児フルタイム出勤戦士には「ほんとうにがんばっててえらい」と言って回りたい。誰からも褒められることがなくてとてもつらい思いをしている戦士は沢山いると思う。マジで。

わたしは「子供をつくって育てるのは自分の責任」と思っている節があるのでネット上では「時間ない。しんどい」と言いつつもリアルでは「自分の責任だからしんどいのは当然なんだよな」って言い聞かしている。
そういうおかあさんおとうさんたちは「助けてほしい」が言えなかったりするのでとても心配。
ぶっちゃけ子供助け合い活動しているおじさんおばさんはいるけどその人たちに預けるのはちょっと怖い。信用できない。なんて世界だまったく。

ご近所付き合いが希薄になり地域の助けがほとんどない今孤立しがちだし、お母さんがあつまる場所~イベント~があったとしても「え、、行きたくない。。。」という人もいるし困った。わたしだけど。

そして頼るべき家族(伴侶とか)に頼れずワンオペするしかないとかもうほんとどうしたらいいんだ?離婚か?
そうするとお金の問題も出てくるしなあ。むずかしいです。

*********************************************

たまにレイトショーに行くのを快く送り出してくれるのは感謝するべき、、、じゃないよな。
いっつも自分の趣味とかで居ないんだからわたしにもそんな時間をくれていいはずだ。

なんとか自分の時間をつくる工夫をしていきたいものです。メンタリストの彼の「超時間術」でも読んでみようかな。

おしまい!

ABOUT ME
ユイ
ユイ
ナルシストインドアプログラマ 全日本ショートカット女子協会会長